生まれながらのCCIEなし ホーム »2014年01月
2014年01月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

CCIE v5向け書籍の発売日一覧  

ちょっとした発売日メモ

Cisco CCIE Routing and Switching v5.0 Configuration Practice Labs ISBN: 9780133786316 Expected pub date: 2/21

Cisco CCIE Routing and Switching v5.0 Troubleshooting Practice Labs ISBN: 9780133786330 Expected pub date: 3/31

Cisco CCIE Routing and Switching v5.0 Configuration and Troubleshooting Practice Labs Bundle ISBN: 9780133786323 Expected pub date: 3/31

Cisco CCIE Routing and Switching v5.0 Official Cert Guide, Volume 1 ISBN: 9781587143960 Expected pub date: 5/9

Cisco CCIE Routing and Switching v5.0 Official Cert Guide, Volume 2 ISBN: 9781587144912 Expected pub date: 5/9

Cisco CCIE Routing and Switching v5.0 Official Cert Guide Library ISBN: 9781587144929 Expected pub date: 5/16


Cisco CCIE Routing and Switching v5.0 Official Cert Guideの発売日は、6月に発売延期したようです。
・・・あれ?v5の改定って6月じゃあ?

とりあえず、今のうちにスタートダッシュかける準備はしておきたいです。
スポンサーサイト

category: CCIE

tb: 0   cm: 0

効率のいい英語の勉強法を考えてみた  

CCIEの勉強を開始するにあたり、
まずはじめにブチ当たる壁が英語だと思います。

CCIEでは、筆記試験、ラボ試験の問題全てが英語で出題されます。
ラボ試験では英語辞書の使用が許可されていますが、
出題される問題の意図を掴めなければお話になりません。

私自身も「CCIEを目指しています!」と大口を叩いてはいますが、英語力はミソッカスです・・・
高校1年生と真剣勝負して、僅差で勝利できるレベルだと思います。

私なりに、英語の勉強をちょびっとだけ効率化出来る方法を考えてみました。

・対象書籍(PDF)
 @「CCIE Routing and Switching Exam 4.0」
 @「CCIE TCP IP Volume Ⅰ」

・利用端末
 @PC
 @スマートフォン

・利用ソフト
 @Weblio


まず、比較的初歩的な書籍を使用します。
理由は、ある程度基礎ができていれば文の意味がわかりにくくても、
前後の単語からなんとか読み進めることができるからです。

閲覧端末はPCを利用し、書籍はPDF版を利用します。

ソフトは「Weblio」を利用します。
「Weblio」は、英単語をマウスオーバーすると、その意味を自動的に辞書検索し、
意味をポップアップ表示してくれるという神ソフトです。しかも、発音までしてくれます。
このソフトはWebページやPDFで利用することが出来ます。

そして、このソフトを利用する最大のメリットとして、
辞書検索した単語を、クリックひとつで自分専用の単語帳に登録できること。


自宅でダラダラPDFの書籍を読む。
わからない単語はマイ単語帳につっこんで、通勤中にスマートフォンで単語の復習。

これが私なりに考えた効率化法です。

いずれは実になる・・・と信じて続けていきます。



~自分の話~

最近は検証続きの毎日でマンネリ。
うちではCisco製品はほとんど使ってないので
スキルアップは自分で何とかするしか・・・

category: CCIE

tb: 0   cm: 0

CCIE v5 ラボ試験の機材について  

6月に改定されるCCIEですが、試験内容に若干の変更があることに加え、
ラボ試験で使用される機種、及びIOSバージョンにも変更があります。

Ciscoでは、下記の機種、IOSバージョンを使用しての学習を推薦しています。

ISR 2900 15.3T
Catalyst 3560X IOS 15.0E


気になる点としては、
現行のCCIE v4の学習に使用した機材を、CCIE v5の学習にも流用できるのか否か?

情報をまとめると、
・古い機材でも多くのトピックスをカバーできるが、全てではない


下記のサイトで、ソフトウェアとプラットフォーム等を選択し、機能を比較することが出来ます。

http://www.cisco.com/go/fn

ISR 2911 15.3T と比較して、お手持ちの機材がv5の学習に有用であるかを判断しましょう



個人的なこと・・・

ワークブックを買いはしましたが
まずは書籍での学習をすすめてます
英語だと1日30pでもキッツイ・・・・


category: CCIE

tb: 0   cm: 0

挑戦は敵(CCIE)を知ること(情報収集)から始まる。その2  

これからCCIEを目指す人にとっては朗報でしょう。

CCIE R&Sは2014年6月に、 v4.0 から v5.0 へと改定されます。

CCNAで大苦戦した割には実務では全く使わない、
レガシー技術のフレームリレーがゴッソリRemoveされ、VPNにその座を譲りました。

ラボ試験から除外された項目をまとめてみます。

・PfR
・Flexlink、ISL、レイヤ 2 プロトコル トンネリング
・フレームリレー
・IOS ファイアウォールと IPS
・IPv6 トンネリング
・RSVP QoS、WRR/SRR
・IOS AAA と TACACS+ や RADIUS



旧試験では、トラブルシュートモジュールと、コンフィグレーションモジュールの2モジュールの試験でしたが、
新試験では、TSとConfigureの間に、30分間の「診断」モジュールが設けられました。

この「診断」は、各Syslogやパケットキャプチャ等を参照し、問題点を分析するといった、
実務経験で養ったスキルでアプローチする必要があるモジュールのようです。
これは非常に辛くなりそう・・・


試験に有効なワークブックを開発しているINEでは、
既にv5向けの教材を準備しており、新試験実施前にはリリースするとのことです。
そして、現在のv4向け教材を購入しても、一切の追加料金の必要なしでv5向け教材へアップデートすることができます。
対象は、全ての教材(Any material)です。

サポート曰く、「v5を待たずに、とっとと買って勉強しとくのがベターだぞ。因みに、お買い得なバンドルセットというのがあるんだが・・・」とのことです。

さっそくVolume1だけを購入させていだだきました。

category: CCIE

tb: 0   cm: 0

挑戦は敵(CCIE)を知ること(情報収集)から始まる。その1  

CCIEの勉強を始めるにあたり、まずは徹底的な情報収集からはじめました。

収集先は数多くのCCIEブロガー様による勉強記、及び受験記。
勉強方法はブロガー様の方法をイイところ取りさせていただきます。
ブロガー様のアドバイスや技術解説には常日頃から感謝しています・・・

その他、参考書の選定に関しても参考にさせていただきました。
選定結果を下記にまとめます。

・CCIE Routing and Switching Exam Certification Guide
・Routing TCP/IP Volume 1
・Routing TCP/IP Volume 2
・Cisco QOS Exam Certification Guide
・詳解IPマルチキャスト 概念からCisco製品での設定例まで
・究めるOSPF(未購入)
・究めるBGP(未購入)


そして、実機学習にあたりワークブックでの学習が必須になるようです。

ワークブックとは、試験に即した演習問題をまとめたもので、
実際に機器を触り学習することを前提に作られたテキストです。

CCIEブロガー様を参考にすると、
INE(Internetwork Expert)のVolume1,2で学習されている方が多いです。

・Volume 1:各技術をトピック毎に学習する形式
・Volume 2:実試験に即した演習形式(未購入)

ちなみに各$199です。
若造NEには高すぎます。
Volume3,4は購入せずに済むことを祈ります。

続きます。

category: CCIE

tb: 0   cm: 0

CCIEを目指します。  

技術もなく、経験も浅く、秀でた脳を持っているわけでもない。
でも、ネットワークに対する興味心だけは強く持っている。
そんな平凡なネットワークエンジニアがCCIEを目指すことにしました。
このブログは、日々の備忘録や雑記を書きためておく場所にしておくつもりです。
技術解説を出来る力がない・・・
こんな弱気を目標への道中で払拭できたらなぁとも考えています。

これからよろしくお願い致します。

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

私が資格取得に使用した書籍

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。