生まれながらのCCIEなし ホーム » スポンサー広告 » CCIE »INE CCIE R&S v5 ワークブックのまとめ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

INE CCIE R&S v5 ワークブックのまとめ  

先日、INEより、β版のCCIE R&S v5 ワークブックがリリースされたので内容をまとめます。


http://www.ine.com/self-paced/ccie-routing-switching/workbooks.htm


【価格】

 $499
 約51,000円

【概要】

 下記、4つのセクションで構成される。

・Advanced Technology Labs

 各技術をエキスパートレベルにまで引き上げる為の、段階的な演習問題。
 約500の問題で構成されており、深い解説で確実に知識を身につける。
 (2014/05/06 現在、本セクションのみ公開中。)

・Advanced Foundation Lab

 コアテクノロジーに対し、正確かつ迅速に対応する能力を引き上げる。

・Advanced Troubleshooting Labs

 未完成のトポロジに対し、様々な角度からトラブルシュートする能力を引き上げる。

・Full-Scale Practice Labs

 様々な技術が混在する演習問題で、
 ラボ試験を合格するための技術を完全にマスターする。



v4ではVolume1,2,3,4が独立販売されていましたが、
v5ではそれらは1つに統合されています。

そして、v4のVolume1、もしくはVolume2を購入済の場合は、
無料で自動的にv5のワークブックが提供されます。

単体でVolume3、もしくはVolume4を購入している場合は、
その旨をINEのセールスチームに連絡することで、格安でv5のワークブックを購入出来ます。


スポンサーサイト

category: CCIE

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://myname2501ccie.blog.fc2.com/tb.php/12-437186b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

私が資格取得に使用した書籍

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。